アーカイブ | 12月 2018

少しセンチメンタルな気分

太るための食事や運動を長期間していると、カロリーを計らなくても、大まかですが、摂取カロリーが予想できるようになっちゃうもんです。
主食と主菜、副菜をこの程度食べたから、今日のランチに食べたカロリーは大体、このくらいというようにわかるのです。
以前の私はかなり太っていた頃があるため、しょうがないのですが、あの時期を思い出すたびに少しセンチメンタルな気分になります。
体重をもっと増やそうと思っても、たびたびジョギングしたりウォーキングしたりするのは、どうしても、面倒だなっていう気持ちがわいてきますよね。
そこで提案したいのが、室内でやれる酸素を取り込む有酸素運動です。
ラジオ体操も予想以上に効果のある有酸素運動なので、軽い感じの服装で、少し過激気味に体を動かしながら体操をすると、しっかりとカロリーも消費されます。
太るための食事や運動が続かないという方は、太るための食事や運動できたという方の体験談を見てみるのも参考になります。
ネットの情報などは信じられない方も多いと思うので、実現できるならば友だちや家族などの体験談を直接聞いてみることをお勧めします。
実際に成功した話を聞くことで意志を固めることができます。
以前に、炭水化物を少なくするやり方で太るための食事や運動した経験があります。
たくさん噛むことで、充分に食べた感を満たそうとしたけれど、やっぱり困難でした。
日本人なので、時々は、がっつりと白いお米を食べたい欲求が強くなります。
なので、今現在は炭水化物の摂取を夜だけは控えていますが、朝と昼の食事は普段通りに食べることにしています。
太るための食事や運動といえば有酸素運動が良いといいますが、有酸素と無酸素の判断基準というか、判断ができにくいですよね。
例えば、息は上がるけれど、汗をかくほどではないくらいの運動というのが区別する基準のようです。
しかし、汗のかき方は環境などによっても変わりますよね。
なので、もっとはっきりとした基準があれば太るための食事や運動で太る人も多くなると思います。
太るための食事や運動時のおやつは失敗する元です。
おやつでの食べ物が、仮にスナック菓子などではなかったとしても、口にすれば太るという事実を忘れないでください。
極端に我慢するのもいけませんが、一日三回、食事をきちんととって、食欲を抑えれるようにしながら体質改善をはかりたいものですその昔、私が太るための食事や運動をやった時、自宅で手軽にできる太るための食事や運動法として、腕立て伏せや腹筋、スクワットなどの運動を行いながら筋肉の量を増やして、からだの基礎代謝をアップしやすい状態にした後に、少しだけ速足での散歩を30分以上はしましたね。
これを毎日続けることで、2ヶ月でマイナス5キロの減量に成功しましたが、毎日続けるには根気がいりましたね。
最近は、太って体型が崩れてしまったのでスマートになろうとスマホで調べていたら、良さそうな太る方法を見つけました。
そのやり方とは、酸素を多く体にいれる有酸素運動です。
有酸素運動を始めてからのききめは素晴らしくて、食事制限を頑張るよりも早く結果が出る感じです。
私自身、数週間くらい前から有酸素運動を始めたのですが、日に日に太て元の体型に戻ってきてるので嬉しいです。
頭で想像していた以上に有酸素運動は効果的なんだな~と感じた出来事でした。
太るための食事や運動の最中、ついつい甘いものを食べたくなるものですが、そこは我慢することが大切です。
食べると、体重に反映されてしまいます。
どうしても食べたくて仕方がない場合は、カロリーの低い太るための食事や運動向けのクッキーなどを作ることをお薦めします。
太れるサプリで女性が太ることの出来る食事のイメージとしては、脂肪分や糖分などが控えめなものが頭に浮かぶと思いますが、私個人の体験からすると、塩分を控えた食事がかなり効果的だったと思います。
特に、下半身の余分なお肉が気になるという人は、まず減塩からスタートしてみることをアドバイスさせていただきます。

 

 

この投稿は07/12/2018に公開されました。