思っていた通りの印象でした

花粉症になって以来、妊娠中の便秘対策にも良いと言われている乳酸菌飲料を摂取するようにしました。

2年前より花粉症を発症してしまって、鼻水とくしゃみがやまなくなりました。

治療薬を使うのは避けたいことだったので、テレビで取り上げられていた乳酸菌サプリを飲んでみました。

現在のところ、これにより花粉症の症状が軽くなっています。

アトピー性皮膚炎は、場合によっては便秘よりも非常にキツイ症状になります。

なぜなら、暑い寒いに関わらず、一年中痒みとの我慢比べになるからです。

夏はどうしても汗をかくのでかゆみが増し、冬は冬で乾燥のせいでかゆみが増します。

その上、食べ物にもアレルギーがあることも多く、知らずに摂取してしまうと、かゆみだけに留まらず腫れたり、呼吸困難に陥ることもあります。

この間、アトピーに効果があると言われている入浴剤をお試しで頂きました。

あらゆるものがそうですが、試しに利用してみないと結論を出せないものですよね。

サンプルの入浴剤は、意外と肌に馴染んで、思っていた通りの印象でした。

違和感を感じる事もありませんし、肌が引っ張られるような感じもなくて、潤いをよく保ちます。

昔から便秘のツボで知れ渡っているのは、おへそから両側に指に2本分程度離れたところに、天枢(てんすう)というツボが有名です。

後は、へそ下5cmくらいの場所にある、腹結(ふっけつ)というツボも便秘に効くと言われています。

手にも支溝(しこう)と、外関(がいかん)と言われる便秘のツボがあります。

便秘の種類は、人それぞれで効果があるツボが違うので、ピッタリのツボを押すと妊娠中の便秘対策にもなると思います。

おなかの環境を正しく整えると、妊娠中の便秘対策にもなると聞いて、ヨーグルトをたっぷり食べていました。

そんな私ですが、実を言うと、ヨーグルト同様にお味噌や納豆といったものも乳酸菌を含む「乳」とつくんですよね。

てっきり乳酸菌は、乳製品からしか摂取できないと思い込んでいました。

そんな私も妊娠初期の頃は、朝昼晩と食欲がわかなかったとしても、消化吸収しやすく栄養満点なものを摂るようにしていました。

その方が、妊娠中の便秘対策になると口コミでも聞いたからですが、確かにその効果はありましたよ。